2022.10.17

グラクソ・スミスクライン株式会社主催のセミナーにて、YaDocの導入事例などが紹介されました

2022年9月22日に実施された、グラクソ・スミスクライン株式会社主催の医療従事者向けセミナー「喘息・COPD患者さんにオンライン診療を活用するには」において、YaDocを用いた遠隔モニタリングおよびオンライン診療の成果などについて取り上げられました。

本セミナーについて

本セミナーでは、オンライン診療を取り巻く制度の変遷についての解説のほか、COPD患者さんを対象とした臨床結果における成果の共有、社会医療法人 春回会 井上病院 病院長 吉嶺裕之先生によるオンライン診療や遠隔モニタリングの活用事例などが紹介されました。

詳細は以下のプレスリリースにてご確認ください(別サイトへリンクします)。
GSK、医療従事者向けにオンライン診療をテーマにしたセミナーを実施 ~喘息・COPD患者さんにより良い治療環境をお届けするために~

(参考)株式会社インテグリティ・ヘルスケアからのお知らせ
グラクソ・スミスクライン株式会社主催、医療従事者向けセミナー「喘息・COPD患者さんにオンライン診療を活用するには」にて、当社会長 武藤が講演を行いました。

 

臨床現場におけるオンライン診療の利用について、井上病院 病院長 吉嶺先生のインタビューを公開しています。こちらも是非併せてご覧ください。
ICTを活用したチーム医療で診療の質向上を。(前編)
ICTを活用したチーム医療で診療の質向上を。(後編)

 

(参考)これまでの取り組み

YaDocでは、適切な治療の継続と長期的な疾患管理が重要となる気管支喘息やCOPDをはじめとした領域における患者さんの治療環境の改善に貢献すべく、グラクソ・スミスクライン株式会社と連携しさまざまな取り組みを重ねてまいりました。

※ 「遠隔モニタリングによる疾患管理」および「オンライン診療」のツールとしてYaDocが用いられています。


YaDocでは今後もよりよい医療の提供に寄与すべく、さまざまな取り組みをおこなってまいります。臨床現場におけるオンライン診療の活用方法やePROのご活用についてなど、お気軽にお問い合わせください。

(医療機関の方向け)お問い合わせフォーム

(製薬企業の方向け)お問い合わせフォーム

  • 最新情報