2023.6.28

人工股関節全置換術患者における、疾患管理システムの有用性の検証を目的とした臨床研究にYaDocが採用されました

株式会社インテグリティ・ヘルスケアの提供する疾患管理システム「YaDoc」が、人工股関節全置換術患者における疾患管理システムの有用性の検証を目的とした臨床研究に採用されました。

日本では人工股関節全置換術患者における活動性調査の多くは患者への問診によるもので、それが実際の活動量を反映したものかは不明瞭であり、また患者におけるスマートフォンやウェアラブルデバイスを用いた疾患管理システムの有用性を示す報告は少ないのが現状です。

本臨床研究の目的は、「ウェアラブルデバイスを用いた歩数等の活動量に関するデータ」および「YaDocのePROプラットフォームを用いて患者が入力する、主観的症状のデータ」を収集し解析することで、それらを検証するものです。

詳細は以下よりご確認ください。(インテグリティ・ヘルスケアのコーポレートサイトへリンクします)

人工股関節全置換術患者における疾患管理システムの有用性の検証を目的とした臨床研究にYaDocが採用されました

  • 導入事例