2023.6.29

患者情報共有プログラムに関する特許取得のお知らせ

株式会社インテグリティ・ヘルスケアは、患者が記録した症状や問診回答、脈拍や体温等のバイタルデータなど、患者自身が作成した情報を医療機関と電子的に共有できるプログラムに関して、2023年4月4日(火)に特許を取得しました。

特許取得の背景

近年では、人々の生活習慣などにより引き起こされ、長期に渡り進行していくような疾患が大きな割合を占めており、医療の多くは完治というよりも人々が疾患とともに生きていくことを前提に、人々の生活と関わりながら提供されていきます。

こうした変化を背景に、医療には患者の生活にアプローチし、また患者の日常生活での症状や状態を把握し治療に活かす新しい手段が求められています。

そこで当社は、患者が記録した症状や問診への回答、脈拍や体温等のバイタルデータなど、患者自身が作成した情報も電子的に共有できるようなシステムを構築しました。患者の日常の変化を可視化し、医療機関とのコミュニケーションをよりスマートにするとともに診療の質を高めることを目指し、2018年1月にオンライン疾患管理システム「YaDoc」の販売を開始しましたが、同年4月には特許庁に特許を出願し、その新規性や進歩性等の特許要件について実体審査を受け、今般の特許取得に至りました(特許番号:第7256490号)。


当社は今後も、医療機関と患者双方にとっての機能拡張や利便性向上に努め、医療領域におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に取り組んで参ります。

詳細は以下よりご確認ください。(インテグリティ・ヘルスケアのコーポレートサイトへリンクします)

患者情報共有プログラムに関する特許取得のお知らせ

  • 最新情報